求人情報誌を見ている男性

アルバイトには、お金を稼げる以外にもたくさんのメリットがあります。

  • 社会勉強になる
  • スキルが身につく
  • まかない、社員割引で生活費を節約できる
  • 新しい人と知り合い、友人・恋人を作る機会になる

しかし、充実したアルバイト生活を送るためには「自分に合った職場を見つける」必要があり、十分な下調べをせずにバイトを選ぶと想像以上にキツい仕事だったり、思わぬデメリットに悩まされることになります。

そこで、当サイトでは様々なアルバイトの経験者に実際にインタビューを行い、自分に合ったアルバイト探しのコツや、大手企業のバイト評判を徹底的に分析しました。

バイトを探し中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

アルバイトについて知る

カフェ

まずは、どんなアルバイトがあるのか知るところから始めていきましょう。

アルバイトを探す

アルバイトを探す時は、希望する職種や働きたい日数などの条件を明確にすることが大切です。

希望や条件は、多すぎると条件に合うバイトが見つかりにくくなりますし、少なすぎると候補のバイトが多すぎて迷う原因になります。

「絶対に譲れないもの」「出来れば実現したい」ものなど、優先順位をつけて候補を2つ〜3つくらいまで絞りこみましょう。

どうしても選べない時は人気ランキングや診断コンテンツを利用するという手もあります。

副業のバイトを探している方・田舎にお住いの方は、こちらもご覧ください。

バイトに応募する

アルバイトに応募するタイミングは、働きたい日の1〜3週間前が目安です。

応募のやり方は電話応募とWeb応募があり、それぞれメリット・デメリットがあります。

自分がどちらに向いているのかチェックしてください。

ちなみに、バイトは再応募や複数応募もOKです。

履歴書を書いて、面接を受ける

履歴書を書く女性

アルバイトに応募した後は、履歴書を書いて面接を受けます。

採用の可能性を少しでもあげるため、履歴書の書き方や面接のコツを知っておきましょう。

バイトの面接を辞退(キャンセル)する場合は、きちんと連絡を入れてください。

バイト面接を辞退する時の流れとキャンセルの注意点

バイトの合否連絡

面接を受けた後は、合否連絡を待ちます。 合否の結果は最短で即日、長くて2〜3週間後です。

バイトに落ちたら、原因を振り返って次に活かす

合否連絡で残念ながら不採用となったら、サラッと原因を振り返ったのち次のバイトを探します。

落ち込むのは仕方ありませんが、引きずっても良いことはないので、気持ちの切り替えが大切です。

バイトに落ちた!ショック!受からない本当の原因と対策を暴露!

バイトに採用されたら、契約する

めでたく面接に合格したら、雇用契約を結びます。
もし、採用を辞退するなら早めに連絡するようにしてください。

バイト新人として働き始める

契約後は、新しいバイト先で新人として働き始めます。

バイトの先輩や社員さんにいい第一印象を持ってもらい、あなた自身も新しい環境に早く慣れるため、初日の流れやスムーズに仕事を覚えるためのコツを押さえておきましょう。

年収103万円を超えるなら、扶養・税金についても知っておこう

バイトの年収が103万円を超えると親や夫の扶養から外れてしまいます。

フリーターや掛け持ちの人など、バイトの稼ぎが大きい人は税金についても知っておくと安心です。

バイトの悩み・トラブル

仕事が覚えられず困る女性

バイトを続けていると、時には失敗やトラブルにも遭遇します。

また、様々な理由からバイトを辞めたいと思ったり、実際に辞める日も来るでしょう。

ここでは、バイトを始めた後の悩みやトラブルへの対処方法をまとめました。

バイトを辞めたい

バイトを始めたものの人間関係や仕事の悩みですぐ辞めたくなる人は多いです。

試せる手を試した上で、辞めることも考えていきましょう。

検索

気になるアルバイト先がある方は、コチラから検索!