「デリバリー・宅配のバイトってどうなんだろう?」

このページでは、ピザ屋さんやファミレス・宅配寿司などでデリバリーのバイトを考えている方に向けて、

  • デリバリーバイトの仕事の流れ
  • メリット・デメリット
  • 研修〜独り立ちまでの流れ
  • 代表的なデリバリーバイト体験談

を紹介していきます。

実際にピザーラ・ピザハットで働いた方のインタビューは、以下をご覧ください。

ピザーラのデリバリーバイト評判!出会いが多い?

「ピザハット」のバイト評判!交通費が出ない!?

デリバリー・宅配のバイトとは

デリバリー・宅配のバイトは、その名の通りお客様の家まで商品をお届けする仕事です。

基本は、以下のような仕事の流れです。

  1. お客様から電話・インターネット・アプリから注文が入る
  2. 注文の商品を作ってもらう間に、地図をプリントアウトして経路を確認する
  3. 料理ができたら原付バイクに積み込んで、お客様の家に向かう
  4. お客様に商品を渡して、代金を受け取る
  5. お店に戻って代金を渡す

接客業とは異なり、お客様と関わるのは商品の受け渡しを行う数分だけなので、意外と人見知りの人でも働きやすい側面があります。

ただし、お店を出てから戻るまでの出来事は自分でなんとかするしかありません。

もちろん、困ったことがあれば店舗に電話すれば先輩や店長の指示がもらえるので、自分ひとりで責任を負う必要はありません。

しかし、すぐ側に先輩や店長がいるインストア(店舗内)のバイトより助けてもらいにくいです。

デリバリーの注文がない時間帯は、店内業務を手伝ったり、チラシのポスティングを行います。

その他の仕事については、後ほど紹介します。

デリバリーバイトのデメリット

  • 事故の危険がある
  • 夏は暑く、冬は寒い
  • 雨や雪の日など、天気が悪い日に限って注文が多い

事故の危険がある

バイクを運転している時間が長いので、事故を起こす危険があります。

特に、注文が多く早く届けたい時や、道に迷って約束の時刻に遅れそうな時は真面目な人ほど焦ってしまい安全確認が疎かになります。

また、スピード違反などで、警察に捕まるリスクもあり、万が一捕まった場合は罰金も引かれる点数も自己負担です。

もう今は少ないとは思いますが「注文から30分以内にお届け」など、宅配のスピードを売りにしているお店で働くのは絶対にやめましょう。

夏は暑く、冬は寒い

屋外の仕事は、夏に暑く、冬は寒いです。

夏はまだ風が心地よく、日焼け止めを塗って水分補給さえしっかりすれば問題ないですが、冬は風が冷たいというより痛いくらいで、ゴツめの手袋が必須になります。

雨や雪の日など、天気が悪い日に限って注文が多い

天候が悪い日は外出したくない人が多いので、出前やデリバリーの注文が増えます。

雨や雪の日は地面が滑るので事故のリスクも高くなり、いくら注意してもしすぎることはありません。

また、商品を濡らさないようにしなきゃという気苦労もあります。

デリバリーバイトのメリット

  • 時給が高い
  • 人と関わることが少ない
  • 時間の経つのが早い
  • 社員割引があるかも

時給が高い

デリバリーのバイトは免許が必要だったり、屋外で働く時間が長いため時給が高めです。

たくさん入れば稼げます。

人と関わることが少ない

デリバリーのバイトがお客様と接するのは商品を受け渡しする数分だけなので、人と関わる時間は少ないです。

店内業務でこそ他のバイトや社員さんと関わりますが、一般のお客様相手に比べるとクレームもなく慣れれば段違いに楽です。

時間の経つのが早い

バイクを運転している時間が長いので、体感的には意外と早く時間が経ちます。

バイク好きにとっては楽しいバイトでしょう。

社員割引があるかも

お店によって異なりますが、半額程度の社員割引があることも多いです。

ちなみに、メイクスタッフ(調理スタッフ)なら、失敗したピザやお寿司を食べれるケースもあります。

研修〜ひとり立ちまでの流れ

デリバリーのバイトに採用されると、最初の数日は先輩の配達について行って、道に慣れたり、商品を渡して代金を受け取る手順を覚えることになります。

そして、ある程度慣れてきたら自分メインで先輩についてもらい近場の配達に一人で行くようになり、大丈夫そうなら独り立ちです。

最初のうちは一人で配達するのが不安に感じますが、3ヶ月くらい経つと自然と慣れます。

デリバリー以外の仕事

先ほども少し紹介しましたが、配達がない時は店内業務の手伝いを行います。

具体的には以下のような仕事です。

  • チラシを折る
  • 電話で注文を受ける
  • 掃除や片付け、洗い物など
  • 調理や食材の仕込み

あとは、たまにバイクに乗ってチラシのポスティングを行うこともあります。

他の仕事をしている時も時給は他の職種より高めなので、そこは美味しいところですね。

デリバリーバイトに関するよくある質問

自分でバイクの保険に入る必要はある?
ないです。

バイクの保険は会社で入っているので、事故などがあった場合は会社の保険がおります。

バイクが壊れたり、誰かをケガさせてしまった場合も基本的には保険で賄えるのであなたが弁償する必要はありません。

ただ、入社時に10%とか一部を負担する契約になっている場合は、それに応じた自己負担を求められます。

入社時は契約書をよく読むようにしてください。

土地勘がなくても大丈夫?
土地勘があるほうが有利ですが、なくても大丈夫です。

ちなみに、最近はスマホでGoogle Mapを使えば大抵の場所まで最短ルートが表示されるので、地図を読めなくても問題ありません。

配達に使うバイクは、ギア操作のあるもの?
チェーン店のバイク(キャノピーなど)はギア操作の必要ないタイプが多いです。

一方、個人経営のお店(そば屋やカツ丼屋)が出前に使うバイクはギア操作の必要なタイプが多くなります。

免許を取ってすぐでも働ける?採用される?
店によっては採用されます。

運転歴が長くても下手な人は下手ですしね。

特に人が足りていない店舗なら、採用されやすいです。

ヘルメットは他の人と同じものを使いまわし?
他の人が使ったものは汗が染み込んでそうで、抵抗感があるという方がいます。

残念ながら使い回しのことが多いです。

夏場は他の人の汗で湿っていることもあります。

ロゴ入りの専用ヘルメットなので、自前で用意することもできません。

デリバリーのバイトはしんどい?
忙しいと焦ることはありますが、通常はそれほど大変ではありません。

一番困るのはトラブルが起こったときで、何かあればすぐ店に電話して指示を仰ぎましょう。

最悪なのは自分で解決しようと事故判断で行動することです。

無事に解決できればいいのですが、解決できなかった場合はあなたが責任を取らされる可能性もあります。

早めにお店へ連絡して責任を店長や先輩に丸投げするのが、バイトが行うトラブル解決のコツです。

事故を起こした時の弁消費は自分持ち?
基本的に会社持ちですが、明らかにあなたに非がある場合は一部自己負担になる可能性もあります。

また、スピード違反や一時停止無視など交通違反で警察に捕まった場合は、自分の点数が引かれて罰金も自己負担です。

デリバリーバイトの体験談

以下のページは、ピザーラでデリバリー担当として働いた方のインタビューです。

  • 志望動機はなんて書いたか?
  • 面接はどうだったか?
  • 職場の雰囲気はどうか?

など、リアルな実際の体験談を聞かせてもらったので参考にしてみてください。

ピザーラのデリバリーバイト評判!出会いが多い?

「ピザハット」のバイト評判!交通費が出ない!?

メイクスタッフ(調理担当)に興味がある方は、以下のページをご覧ください。

ドミノピザのバイト評判!ピザ30%OFFの社員割り!?

「銀のさら(宅配寿司)」のバイト評判!毎回まかないが出る!